リロケーションの情報

自らの所有する不動産がある人は、リロケーションやサブリース、賃貸経営といった方法で資産を運用することも可能となります。
それらの方法を実践するに際しては、あらかじめそれぞれの言葉の意味・用法を正しく理解しておきましょう。
その内、賃貸経営では、物件のメンテナンスや清掃、家賃の徴収、クレーム対応などといった管理業務を、すべて自ら行なうこととなります。

また、サブリースでは、物件は不動産会社に借り上げられ、第三者へと転貸されます。
こちらの場合には、先述のような管理業務を不動産会社に任せることができ、貸主の負担する時間やエネルギーが軽減されるというメリットがあります。
そして、リロケーションは、転勤などで自宅を留守にする人が、期間限定で利用する賃貸管理サービスになります。
賃貸経営やサブリースでは、賃貸借契約が結ばれ、だいたいの場合には二年ごとに契約更新がありますが、リロケーションの場合、取り交わされるのは定期借家契約で、契約更新はなく、契約期間満了後には物件が明け渡されます。

そのように、リロケーションでは、ゆくゆくは自分が住むために、その物件に戻ってくることが前提となっているという特徴があります。
リロケーションは、借地借家法が大幅に改正され、定期借家権が認められたことによって誕生したシステムになります。
このサイトでは、リロケーションとサブリース、賃貸経営といった言葉の意味・用法に関して、ご説明しましょう。